DotsDomino

無料で使うハイクオリティ

  • Full Screen
  • Wide Screen
  • Narrow Screen
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

Webデザインのフリーフォント

Webデザインに使われる持っておきたい基本フォントを紹介しています。デザイン性が強いポップ書体などはここでは掲載していません。

欧文フリーフォント・欧文の「まるい」文字

rounded仕事を忘れ、やさしい気持ちにしてくれる「まるい」文字。角Rの作り方や太さを変えながらビジネスと癒しのバランスを表現しています。ロゴマークやショートワードに使われることが多い書体です。

続きを読む...

欧文フリーフォント・手書きや手仕事風文字

Hand & Craftペンやハケで書いたようなフォント、木に彫ったようなフォント、ハサミで切ったようなフォント、このような手仕事を感じるような手書きの欧文フォントを紹介しています。ボールドの太いフォントになっていて、スクリプト系のフォントとは少し違います。

続きを読む...

海外のサイトでよく見かける人気のフリー欧文フォント

セリフ、サンセリフ系の無料フォントから人気の欧文基本書体を紹介しています。

いつも誰かがアップしている無料フォントは、良いデザインを見つけること自体が大変なことです。ここで紹介する無料フォントは、海外での評価が高く、どんなデザインにでもよくマッチ、使いやすい基本デザインのものを厳選して掲載しています。

参照元:
30 Stunning Fonts to Enhance Your Design
20 New High Quality Free Fonts

 

Titilium← クリックで拡大
DownLoad :  the .zip-package
5書体が無料でDLできます


続きを読む...

デザイン必須の秀逸フリー欧文フォント(2)・Light-1

デザイン必須の秀逸フリー欧文フォント(2)・Light-1このページは、フォントウエイトが Light (ライト)系の海外無料フォントから、秀逸の書体を掲載しています。

どんなデザインにでもよくマッチして使いやすいものを厳選しています。掲載のフォントはデザイン性も高く、たとえば、ライトなフォントをページタイトルのように大きなサイズで扱うと、軽快な印象を与えながら、強く印象づけることができます。ライトなフォントは、コンテンツ内容にマッチした良いデザインのものを選び、シンプルに使いながらフォントデザインを活かすようにしましょう。

続きを読む...

デザイン必須の秀逸フリー欧文フォント(3)・Bold-1

デザイン必須の秀逸フリー欧文フォント(3)・Bold-1このページは、フォントウエイトがBold系の海外無料フォントから、秀逸のフリー書体を掲載しています。

太い文字はページ見だしやグラフィックデザインでの強調などに使われ、デザイン必須のフォントです。ボールドとレギュラーやライトを使い分けて文字にサイズのコントラストをつけることで、小さな画面でもリズミカルに心地よいデザインができます。

Bold に関連するものとして Book、Extra-Bold などの呼び方で更に太いフォントもあります。ここでは Bold を中心に海外の無料フォントを配布するサイトから、タイトル文字として強調するときに使いやすいフォントをピックアップしています。

続きを読む...

デザイン必須の秀逸無料の欧文フォント(3)・Bold-2

Bold 2このページは、フォントウエイトがBold (ボールド)系の海外無料フォントから、秀逸の書体を掲載しています。

このページBold 2 は、ウッドタイプやセリフ系を掲載しています。
(Bold 1 ではサンセリフを掲載しています)

続きを読む...

オープン化するデザイン、素人でも適切なフォントが選べる時代。

MyFonts

フォントを配布するサイトで見られるフォントに付けられている tag。この tag にはファンシーやフェミニンなどの言葉が使われ、tag をクリックするだけで、「そのように感じるフォント」を選ぶことができます。また、フォントには複数の tag が付けられているため、微妙なニュアンスを含むフォントを探し出すこともできます。

漢字に比べて文字数が少ない欧文フォントは、様々なデザインを短期間につくることができるため、表現したい感情を盛り込んだデザインや、デザインのアップデイトが素早くおこなわれています。

こうなると、適切なフォントを見つけ出せば素人でもデザイン成功の確率が高くなるというもの。適切なフォントを選ぶことで、時間をかけずに、ある程度のデザイン表現ができてしまうようになったのです。

続きを読む...

ページ 3 / 3

You are here: