DotsDomino

無料で使うハイクオリティ

  • Full Screen
  • Wide Screen
  • Narrow Screen
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

これが福島原発対応の放射線マーク Nuclear Danger Warning【無料素材】

これが福島原発対応の放射線マーク Nuclear Danger Warning【無料素材】3月26日にアップされた福島原発対応の放射線マーク。汚れたボードの表面は、福島第一原発の放射線や放射能たれ流し状態をデザインしたのでしょうね。掲載しているサイトの「JAPAN」クラウドタグをクリックするとトップに現れます。
放射線標識の汚れはきれいに拭き取ってあげることもできるベクターファイルで、5枚の標識を無料ダウンロードで使うことができます。
しかし、いずれの標識も JIS や ISO とは何だか違う ..... 。

■■■

以下、福島原発対応らしき放射線マーク(放射能標識)です。

Nuclear Danger Warning (1)Nuclear Danger Warning (2)

Nuclear Danger Warning (3)Nuclear Danger Warning (4)

Nuclear Danger Warning (5)標識のデザインがJIS規格と異なるように作られています。どこが違うのか、見つけて下さい。間違いの1つに、「マークの回転」があるのですが、当初、私は気づきませんでした。
(尚、プレビューに使われているブルーグリーン色は赤色から変更しています。悪しからず。)

ダウンロード | rar 9.63 mb, フォーマット : EPS
(遷移ページの最下部にリンクボタンがあったりで、ちょっと面倒なダウンロードです)

こちらがが本物(一部)です。

放射線権利区域の標識(JIS規格)病院向けの標識
日本では放射線障害防止法(1957年)があり、JIS規格で黄色背景に赤紫放射線マーク放射能標識)が規格化されていますが、ISO(国際標準化機構)では色を規定していないようです。
日本で一般人が目にする標識は、黄色背景に赤紫色のマークが多いのですが、設備の目的や車両などにより、白地に黒などのバリエーションがあるようです。
(ミドリ十字.com を見て下さい。 http://ec.midori-anzen.com/shop/c/cLCABAF/

ちなみに、赤紫色で書かれることが多い丸と3つの扇形はそれぞれ、原子核,アルファ線、ベータ線、ガンマ線を意味しているそうで、カルフォルニア大学バークレイ放射線研究所研究員の発案だとか。

放射線管理区域(ほうしゃせんかんりくいき)とは
人が放射線の不必要な被ばくを防ぐため、放射線量が一定以上ある場所を明確に区域し人の不必要な立ち入りを防止するために設けられる区域のこと。
詳しくは、放射線管理区域(Wikipedia)

 

 


関連ページ :
放射線漏れ・モニタリングポスト一覧